親子

敏感な赤ちゃんの乾燥を防ぐ方法|ワセリンで簡単保湿

赤ん坊

ベッドはいいものを

ベビーベッドは赤ちゃんの成長に合わせて異なるサイズのものを利用する必要があります。そのため、購入するよりはレンタルサービスを利用することをおすすめします。異なるサイズのベビーベッドへの交換が可能だからです。

水を飲むメンズ

手軽においしい水を

赤ちゃんのミルク作りのためにはウォーターサーバーが必要不可欠です。いちいちお湯をわかす必要がなく水も安全なためです。取り替えの手間が少ないものがおすすめです。軟水やピュアウォーターが赤ちゃんには向いているので、それを選べるかどうか、お湯の温度が調節できるかどうかもポイントとして見ておきましょう。

優しくケアが大切です

ベイビー

しっかり保湿しましょう

生まれたての赤ちゃんは肌はつやつやでプルプルのように思われがちですが、実はとても乾燥しやすい肌質であることを忘れてはいけないのです。外気の温度の差やエアコンなどの影響も赤ちゃんの肌は受けやすいため、乾燥が目立たなくてもこまめな保湿が必要になります。乾燥をそのまま放置しておくと、皮膚炎などを引き起こす場合もあるため注意が必要です。沐浴後や湯上りには必ず赤ちゃん向けのクリームやローションで優しく肌を保護してあげましょう。また、皮膚が外気に慣れていない場合には長時間の外出は控え、徐々に外の風に当てて慣らしてあげることをおすすめします。特に冬場や紫外線の強い時期には乾燥しやすいため、肌のコンディションをよくみておきましょう。

ワセリンがおすすめです

赤ちゃんのデリケートな肌を保湿する際には、ドラッグストアなどで購入が可能なワセリンがおすすめです。不純物が入っていなく、余計な人工の成分も含まれていないため、安心して使用ができます。特に乾燥がひどい肌であってもしっかりと密着して潤すことができるため、赤ちゃんばかりでなく家族全員の保湿に使用することが可能です。価格も安価であることから、全身にたっぷりと惜しみなく使用することができます。乾燥が激しい時期には朝と晩にしっかりと塗布して、ベビーマッサージのように行うと赤ちゃんも喜ぶでしょう。ワセリンは安全性が高く唇にも使用ができるため、顔から体全体までこれ一つで保湿が完了するため人気のアイテムなのです。

タンブラー

水分補給はしっかりと

飲み口がストローなどの水筒であれば、赤ちゃんでも安心して飲めます。キャラクターものなどもあるので、親だけでなく子供からも人気です。また、個性的なデザインなどもあるためファッションの一部としても持つことが出来ます。